オンライン 頒布 祈祷
御朱印

御朱印

岩津天神の御朱印を
ご案内します

通常御朱印

通常御朱印

一年を通して授与します

  • 初穂料500円

25日限定御朱印

25日限定御朱印

天神様の日 毎月25日のみ授与します

  • 初穂料500円

切り絵御朱印・緑

切り絵御朱印・緑

岩津天満宮の拝殿と臥牛の周りに咲き誇る梅花をあしらったデザインのオリジナル切り絵御朱印です

  • 初穂料1,500円

切り絵御朱印・青

切り絵御朱印・青

岩津天満宮の拝殿と臥牛の周りに瑞雲・梅・灯籠のデザインが施されたオリジナル切り絵御朱印です

  • 初穂料1,500円

令和4年期間限定御朱印

令和4年10月限定御朱印 『石段』

令和4年10月限定御朱印 『石段』

岩津天満宮参道の146段ある石段。

その昔、トヨタ自動車創業者・豊田佐吉は
子どものころ丈夫な身体になることを願い
住まい(現在の静岡県湖西市)から岩津天神まで往復100kmを歩いて参拝・祈願しました。

古くから多くの人々が様々な願いや想いを胸に抱き、岩津天満宮の石段を登りました。

その「石段」をテーマにデザインした限定御朱印。

  • 初穂料500円

令和4年10月限定御朱印 『筆まつり』

令和4年10月限定御朱印 『筆まつり』

筆まつり・献書展

書道の神様・菅公にあやかり、書道と学問の上達を祈るお祭りです。
筆供養神事が執り行われ、各所から応募された多数の書道作品が社務所飛梅殿に展示される「献書展」が開催されます。

限定御朱印の中央に位置する「天満大自在天神」は、岩津天満宮・服部貞弘名誉宮司の書です。

筆まつりをコンセプトとしてデザインした限定御朱印。

  • 初穂料500円

「合格祈願祭」・「合格祈願大祭」催行期間限定『合格御朱印』

「合格祈願祭」・「合格祈願大祭」催行期間限定『合格御朱印』

岩津天満宮では、9月・11月の毎週土日・祝日に『合格祈願祭』が、
また1月の毎週土日・祝日には『合格祈願大祭』が執り行われます。

受験生の皆さんに受験戦争を乗り切っていただくために、9月・11月・1月の土日・祝日を合格祈願祭の日として特別祈祷を終日執り行います。

さらに受験合格・試験合格へ向け縁起を担いでいただけるよう、岩津天満宮「宮司直筆」の『合格御朱印』を9月・11月・1月のみ頒布いたします。

 

  • 初穂料500円

令和4年9月限定御朱印 『ダリア』

令和4年9月限定御朱印 『ダリア』

9月長月、この季節の花「ダリア」をコンセプトとしてデザインした限定御朱印。

  • 初穂料500円

令和4年9月限定御朱印 『月』

令和4年9月限定御朱印 『月』

9月長月、中秋の名月をコンセプトに「撫で牛とすすき」・「拝殿」・「月」のイメージを重ねたデザイン。

  • 初穂料500円

令和4年8月限定御朱印 『献燈祭』〜星空〜

令和4年8月限定御朱印 『献燈祭』〜星空〜

8月葉月に執り行われる宵の神事、『献燈祭』。

願いを込めた短冊を提灯の燈にたくし、天神様さまにお伝えする『献燈祭』。

献燈祭の境内の様子と、「星空」のイメージを限定御朱印としてデザイン。

 

  • 初穂料500円

令和4年8月限定御朱印 『献燈祭』〜花火〜

令和4年8月限定御朱印 『献燈祭』〜花火〜

8月葉月に執り行われる宵の神事、『献燈祭』。

願いを込めた短冊を提灯の燈にたくし、天神様さまにお伝えする『献燈祭』。

献燈祭の境内の様子と、夏の風物詩「花火」のイメージを限定御朱印としてデザイン。

 

  • 初穂料500円

令和4年7月限定御朱印 『朝顔』

令和4年7月限定御朱印 『朝顔』

水晶越しに見る、咲き乱れる様々な色彩の朝顔のイメージを限定御朱印に。

  • 初穂料500円

令和4年7月限定御朱印 『天の川』

令和4年7月限定御朱印 『天の川』

7月文月といえば七夕、そして天の川。

天の川を拝殿に投影し、広がる宇宙のイメージをコンセプトとしてデザインした限定御朱印。

  • 初穂料500円

令和4年6月限定御朱印 『紫陽花と拝殿』

令和4年6月限定御朱印 『紫陽花と拝殿』

6月水無月、この季節の岩津天満宮境内には紫陽花が咲き誇ります。

その紫陽花と岩津天満宮の拝殿を重ねたイメージを限定御朱印に。

  • 初穂料500円

令和4年6月限定御朱印 『夏越の祓』

令和4年6月限定御朱印 『夏越の祓』

6月に執り行われる神事『夏越の祓』

茅の輪をくぐり、その年6月までの半年間の穢れを祓い、残りの半年間の無病息災を祈願する神事です。

限定御朱印では「茅の輪」とその先に見える「撫で牛」のイメージを限定御朱印に。

  • 初穂料500円

令和4年5月限定御朱印 『鎧兜と著莪の花』2

令和4年5月限定御朱印 『鎧兜と著莪の花』2

岩津天満宮・「講書の間」に展示されている「鎧兜」と、この季節の花「著莪」(しゃが)を5月皐月の限定御朱印としてデザイン。

  • 初穂料500円

令和4年5月限定御朱印 『鎧兜と著莪の花』1

令和4年5月限定御朱印 『鎧兜と著莪の花』1

岩津天満宮・「講書の間」に展示されている「鎧兜」と、この季節の花「著莪」(しゃが)を5月皐月の限定御朱印としてデザイン。

  • 初穂料500円

令和4年4月限定御朱印 『撫で牛と桜』

令和4年4月限定御朱印 『撫で牛と桜』

様々な花が咲き誇る春、花卯月。

境内に咲く桜と撫で牛のイメージを限定御朱印に。

  • 初穂料500円

令和4年3月限定御朱印 『雛人形』

令和4年3月限定御朱印 『雛人形』

3月弥生、毎年この時期に岩津天満宮では雛人形を展示しております。

その様子を限定御朱印に。御朱印の絵柄は実際に岩津天満宮で展示されている人形です。

 

 

  • 初穂料500円

令和4年2月限定御朱印 『追儺』

令和4年2月限定御朱印 『追儺』

追儺とは鬼(邪気)を払う儀式・行事。

節分をテーマに鬼の面と枡に入った豆の絵のデザイン。

  • 初穂料500円

令和4年1月限定御朱印 『臥虎』

令和4年1月限定御朱印 『臥虎』

令和4年は壬寅(みずのえ・とら)年。

大正から昭和初期頃に、とある画家の方から岩津天満宮へ奉納された衝立。

そこに描かれていたのは美しい臥虎図。

令和4年の干支として1月の限定御朱印に。

 

 

  • 初穂料500円