信仰と眺望の霊山 岩津天神

オンライン頒布・祈祷オンライン頒布・祈祷

最新情報

1月14日(木) 戌の日祈祷を執り行います

1月14日(木) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内、殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

1月13日(水) 寒九の水 について

1月13日(水) 今日は寒の入りから九日目。今日汲んだ水のことを「寒九の水」と言い、寒九の水は薬にもなるといわれるほど良質とされ、酒造りにおいて最高の酒ができるといわれています。
この時期の水は、雑菌が少なく体にも良いとされてきました。また、長期保存に向いているとされ「寒の水」で作られた味噌、醤油、酒は腐らないといわれています。

寒の水・・・・寒の内の間に汲んだ水のこと。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

1月9日(土)・10日(日)・11日(月祝) 合格祈願祭を執り行います

1月 9日(土)・10日(日)・11日(月祝) 3日ともに午前9時より合格祈願大祭を執り行います。また終日、合格祈祷を始め各種祈祷を執り行います。 体調を整え、暖かくしてお参り下さい。

コロナ対策について

殿内へは必ずマスク着用・手指の除菌を済ませお入り下さい
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい
ご祈祷で社殿にお入り頂けるのは、ご本人と付き添いの方1名までといたします

※ご祈祷は午前9時より午後4時まで

◎新型コロナウイルス感染拡大のため、外出自粛でお参りに来られない皆様へ
   :ご祈祷お守・お札メールファックスでも受付しますのでご利用下さい。
    ホームページ内のご祈願とお守の送付についてをご覧下さい。

1月 9日(土) 白太夫社例祭を執り行います

1月 9日(土) 午前8時より、境内末社「白太夫社例祭を執り行います。
御祭神、菅原道真公に最後までお供をした味酒安行(伊勢の祢宜、度会春彦)公をお祀りする境内末社「白太夫社」の年に一度の例祭です。
白太夫社には長寿の信仰があり、延命長寿祈祷を行います。

1月 7日(木) 昭和天皇祭遙拝を執り行います

1月 7日(木) 午前8時より昭和天皇祭遙拝を執り行います。
昭和天皇を偲び、皇居内皇霊殿において、昭和天皇祭が執り行わせられるにあわせ、全国の神社から遙拝いたします。

1月 6日(水) 岩津天神「泣き相撲」申込み終了

本年5月5日(水)開催予定の「岩津天神 泣き相撲」は応募定員に達しましたので1月5日をもちまして募集を終了いたしました。

なお、泣き相撲開催に向けて少しでも安心して参加頂けるよう、ウィルス感染防止の対策を講じて参ります。

お申し込みは参加費納入をもちまして確定となりますので、お早めに手続きをお済ませ下さい。
申込確定のご家族には4月下旬に詳細のご案内を差し上げます。
それまで体調管理の上、泣き相撲参加に備えて頂きますようお願いいたします。

万が一体調不良などがあった場合や、参加取りやめの場合は、速やかに神社までご連絡をお願い申し上げます。
皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

お問合せは、岩津天満宮社務所までお願いいたします。
岩津天満宮:☎0564-45-2525

1月 5日(火) 小寒(しょうかん)

1月 5日(火) 今日は二十四節季の一つ「小寒」です。および大寒までの期間を言います。

冬至から数えて15日目頃、冬至大寒の中間。寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
立春が「寒の明け」になります。

この日から、寒中見舞いを出し始めます。

1月 4日(月)〜8日(金) 新年祈祷を執り行います

1月 4日(月)〜8日(金) 終日新春祈祷を執り行います。合格祈祷を始め各種祈祷を執り行います。

コロナ対策について

殿内へは必ずマスク着用・手指の除菌を済ませお入り下さい
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい
ご祈祷で社殿にお入り頂けるのは、ご本人と付き添いの方1名までといたします
会社・企業の安全祈願での社殿参入は、社務所でご相談下さい

※ご祈祷は午前9時より午後4時まで

◎新型コロナウイルス感染拡大のため、外出自粛でお参りに来られない皆様へ
   :ご祈祷お守・お札メールファックスでも受付しますのでご利用下さい。
    ホームページ内のご祈願とお守の送付についてをご覧下さい。

1月 3日(日) 元始祭・新年祈祷を執り行います

1月 3日(日) 午前8時より元始祭(げんしさい)を執り行います。
天皇陛下が、国の政(まつりごと)の始めに当たり、宮中で我が国の繁栄と国民の幸福を祈られるのに合わせ、当宮でも元始祭を執り行います。
終日、新年祈祷を執り行います。日中は混雑しますので、予め時間に余裕を持ちお参り下さい。
※コロナ対策について

初詣は節分の2月2日までをお正月期間とし分散してお参りください

尚、境内を始め周辺道路も混雑いたしますので、警察官・交通指導員・警備員の誘導に従って無事お参り頂きますようお願いいたします。
また三が日正面石段は登り一方通行とし、お帰りは裏参道(臨時参道)からお帰り頂きますよう御協力をお願いいたします。

1月 2日(土) 新年祈祷を執り行います

終日、新年祈祷を執り行います。日中は混雑しますので、予め時間に余裕を持ちお参り下さい。
コロナ対策をして皆さまをお迎えいたしますが、どうぞご自身でも十分注意を頂きお参り下さいますよう、ご協力をお願いいたします。
コロナ対策について

初詣は節分の2月2日までをお正月期間とし分散してお参りください

尚、境内を始め周辺道路も混雑いたしますので、警察官・交通指導員・警備員の誘導に従って無事お参り頂きますようお願いいたします。
また三が日正面石段は登り一方通行とし、お帰りは裏参道(臨時参道)からお帰り頂きますよう御協力をお願いいたします。

梅のたより「てんじんさん梅ごよみ」のお知らせ

岩津天満宮境内各所の梅が開花を始めました。
開花の様子をお知らせする「てんじんさん梅ごよみ」を、当社ホームページからご覧ください。トップページ「てんじんさん梅ごよみ」のバナーをクリックしください。
東山梅苑の開苑は2月上旬の予定です。

https://www.iwazutenjin.jp

1月 1日(金) 歳旦祭・新年祈祷を執り行います

1月 1日(金) 午前8時より歳旦祭を執り行います。
令和3年・皇紀2681年・辛丑(かのとうし)歳の、国の隆昌と国民の平安、五穀豊穣をお祈りします。
お元日は午前0時より新年祈祷を執り行います。

新型コロナウイルス対策をし、皆さまをお迎えいたします。

岩津地内の県道工事による通行止め個所があり、例年以上に混雑が予想されますので、充分に余裕を持ちお参り下さい。
初詣は節分の2月2日までをお正月期間とし分散してお参りください

周辺住民に迷惑になるような無断駐車はご遠慮下さいますようお願いいたします。
境内を始め周辺道路も混雑いたしますので、警察官・交通指導員・警備員の誘導に従って無事お参り頂きますようお願いいたします。

12月31日(木) 除夜祭を執り行います

12月31日(木) 夕刻午後4時より、除夜祭を執り行います。
岩津の天神さまのご加護を頂き、今年最後のお祭りをご奉仕いたします。

12月27日(日) 境内駐車場ロープ張り作業

12月27日(日) 午前中に岩津天満宮青年会の皆さんの御奉仕で、境内駐車場の駐車枠ロープ張り作業を行います。一部車止めをしながら作業いたしますので、ご参拝の皆さまには宜しくご協力下さいますようお願いいたします。

12月26日(土) 巫女説明会

12月26日(土) 年末年始の社頭奉仕を頂く巫女奉仕者説明会を、午前10時より岩津天満宮社務所飛梅殿にて開催いたします。ご奉仕申込みされた方は時刻に遅れないようにお越し下さい。

12月25日(金) しまい天神・大祓式・合格祈願特別祈祷

12月25日(金) 午後2時よりしまい天神大祓式を執り行います。また終日「合格祈願特別祈祷」を執り行います。

12月25日(金) お煤払いを執り行います

12月25日(金) 午前中に拝殿のお煤(すす)払いを執り行います。これで新年を迎える準備も本番を迎えます。

12月23日(水) 来年の干支縄を奉納頂きます

12月23日(水) 午後から来年の干支「丑」をモチーフにした「えと縄」を奉納頂きます。
奉納頂くのは永年当社のデザイン関係を担当頂いている「有限会社オフィス・ソウイチ」の商品事業部「えと縄」から、淺井司社長手作りの岩津天満宮オリジナルの「えと縄」です。
平成4年に「えと縄」事業部を立ち上げたのち翌年から全国展開され、平成9年から毎年岩津天満宮にオリジナル作品を奉納頂いております。

令和三年にオフィス・ソウイチが創業30周年を迎えるのを記念し、しかも岩津天満宮に縁の深い「牛・丑」歳のえと縄ですから、淺井社長の精魂込めて下さった作品です。

社務所飛梅殿玄関内に掲げられますので、ご参拝の折に是非ご覧下さい。

12月23日(水) 拝殿の大注連縄取替を執り行います

12月23日(水) 拝殿の注連縄取替を執り行います。この後、25日(金)のお煤払いを済ませると、新年を迎える準備も本番を迎えます。

12月23日(水) 今日より境内各所の剪定を始めます

12月23日(水) 今日より3日程かけて境内各所の剪定作業を行います。
普段は神職や職員が清掃管理をしていますが、年に一度プロの庭師によって剪定を行っています。
境内もさっぱりとして新しい歳を迎えます。