奉祝 天皇陛下御即位三十年御代替

信仰と眺望の霊山 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

最新情報

新型コロナウイルスの対応について

岩津天満宮では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ご参拝の皆様及び職員の健康と安全を配慮し、以下の対応をいたしております。
 
●「社務所授与所」や「余香殿なおらい」で職員・スタッフがマスクを着用している場合がございます。
 
なにとぞご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

2月19日(水) 雨水

2月19日(水) 今日は二十四節季の一つ雨水です。立春から数えて15日頃で啓蟄までの期間を云います。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。


※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

2月17日(月) 祈年祭を執り行います

2月17日(月) 午後5時より当社3大祭の一つ祈年祭(としごいのまつり・きねんさい)を執り行います。我が日本の五穀豊穣(作物の豊かな実り)、併せて我が国の商業・工業の発展を祈ります。

2月17日(月) 岩津天満宮の梅、遅咲きを除いて満開になりました

2月17日(月) 岩津天満宮の梅は例年より1~2週間早く見頃(遅咲きを除いて満開)を迎えています。社殿周辺境内の梅も見頃になりました。例年、寒暖を繰り返し(三寒四温)徐々に咲く梅も、今年の暖冬で今まさに見頃です。

見頃・・・・まだ蕾の残っている梅の花を観賞する(観梅)には最良の時期

ご注意:東山梅苑は雨の日足元安全確保のため閉苑いたします。ご了承下さい。

境内や東山梅苑の開花情報をSNSやホームページでもお知らせして参ります。

岩津天満宮・梅の開花情報
岩津天満宮:FaceBook
岩津天満宮:Twitter
岩津天満宮:Instagram

岩津天満宮の梅は今見頃(満開直前)です

今年は暖冬のせいか、岩津天満宮の梅は例年より1~2週間早く見頃を迎えています。社殿周辺境内の梅も見頃になりました。例年、寒暖を繰り返し(三寒四温)徐々に咲く梅も、今年の暖冬で今まさに見頃です。

見頃・・・・まだ蕾の残っている梅の花を観賞するには最良の時期

※ご注意:東山梅苑は雨の日、足元安全確保のため閉苑いたします。ご了承下さい。

境内や東山梅苑の開花情報をSNSやホームページでもお知らせして参ります。

岩津天満宮・梅の開花情報
岩津天満宮:FaceBook
岩津天満宮:Twitter
岩津天満宮:Instagram

2月15日(土) 岩津天満宮の梅、満開になりました

2月15日(土) 今年の暖冬、午後からの暖かな日和に誘われ、境内社殿前の梅は遅咲きを除き満開となりました。
東山梅苑の梅も、石段下太鼓橋横の梅苑も、遅咲きを除いて今見頃(ほぼ満開)となってしまいました。
例年2月下旬から3月上旬にかけ見頃(満開寸前)になるのですが、こんなに早い時期に満開となるのは初めてかも知れません。今月下旬に観梅を予定されていた皆様には申し訳ないのですが、この暖かさが続けばまのなく見頃が終わりそうです。

2月15日(土) 厄除大祭を執り行います

2月15日(土) 午前10時より「厄除大祭」を執り行います。
厄年を迎えられる方のために、終日厄除けのご祈祷、方除け、疫病退散、病気平癒のご祈祷を執り行います。

2月15日(土) 病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行います

2月15日(土) 終日病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行い、ご崇敬皆さまの「病除け」「身体健全」「災除厄除」をご祈願いたします。

2月11日(火) 紀元祭を執り行います

2月11日(火) 午前9時より紀元祭を執り行います。
日本の国の建国を祝い、国家の平安と皇室の弥栄、崇敬者を始め国民の幸福を祈ります。

東山梅苑は開苑中です

今年は暖冬のせいか、岩津天満宮の梅は例年より早く見頃を迎えています。社殿周辺境内の梅も例年より早く見頃になりました。例年、寒暖を繰り返し(三寒四温)徐々に咲く梅も、今年の暖冬で例年より二週間程度早くなりそうです。

境内や東山梅苑の開花情報をSNSやホームページでもお知らせして参ります。

岩津天満宮・梅の開花情報
岩津天満宮:FaceBook
岩津天満宮:Twitter
岩津天満宮:Instagram

2月 9日(日) 稲荷神社、初午祭を執り行います

2月 9日(日) 午前9時より境内末社「稲荷神社」の初午祭を執り行います。

2月 8日(土) オフィス・ソウイチ創業祭

2月 8日(土) 午前11時より(有)オフィス・ソウイチ創業祭を執り行います。
社業の発展は元より、浅井社長始め社員の皆さまの安全を祈り上げます。

東山梅苑の開苑予定について

今年は暖冬のせいか、岩津天満宮の梅は例年より早く開花が進んでいます。社殿周辺境内の梅も例年より早く開花を始めました。例年、寒暖を繰り返し(三寒四温)徐々に咲く梅も、今年の暖冬で早咲きの梅が一気に開花を始めました。

東山梅苑の開苑日のお問合せも寄せられていますが、皆様に気持ちよく観梅を楽しんで頂けるよう、現在梅苑整備を急ピッチで進めています。

今後の開花の進み具合にもよりますが、現在のところ2月8日(土)に東山梅苑の開苑を予定しています。
今後SNSやホームページでも開花情報をお知らせして参ります。

岩津天満宮・梅の開花情報
岩津天満宮:FaceBook
岩津天満宮:Twitter
岩津天満宮:Instagram

2月 4日(火) 立春

2月 4日(火) 今日は立春です。大寒(今年は1月20日)から数えて15日頃、雨水(今年は2月19日)までの期間を立春と云います。

旧暦ではこの日がが1年の始めとされていたため、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっており、八十八夜二百十日二百二十日も立春から数えます。

冬至と春分の真ん中でまだまだ寒いですが、暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春になります。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。

「寒中見舞い」は立春の前日まで。以降は「余寒見舞い」(2月下旬頃まで)になります。

尚、当社の九星方位盤は立春(2月4日)から翌年の節分(2月3日)までをその年の方位としています。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

2月 3日(月) 節分祭を執り行います

2月 3日(月) 午前11時より節分祭を執り行います。祭典に引き続き、拝殿前にて境内へ向け歳男の皆さんによる豆撒き神事を執り行います。
その後境内水掛け牛前で立春から新しい歳の吉方へ牛の向きを変える吉方祭を執り行います。
また、終日節分厄除け祈祷を執り行います。
当日は臨時駐車場を準備しています。
時刻間際は混雑いたしますので、時間に余裕を持ってお参り下さい。

2月 1日(土) 戌の日祈祷を執り行います

2月 1日(土) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。
ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。
戌の日祈祷の時刻は、戌の日の午前10時、午前11時、午後1時、午後2時に行いますので、社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。
詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

2月 1日(土) 病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行います

2月 1日(土) 終日病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行い、ご崇敬皆さまの「病除け」「身体健全」「災除厄除」をご祈願いたします。

1月26日(日) 初天神・合格祈願大祭

1月26日(日) 午前10時より初天神・合格祈願大祭を執り行います。終日合格祈願特別祈祷を執り行います。
神楽殿では岩津神楽保存会による「巫女神楽」の舞が奉納されます。
境内では岩津天神太鼓の奉納演奏が行われます。

1月25日(土) 初天神・合格祈願大祭

1月25日(土) 午前9時より初天神・合格祈願大祭を執り行います。また終日合格祈願特別祈祷を執り行います。

1月20日(月) 神社庁額田支部新年祈願祭

1月20日(月) 午前10時半より、愛知県神社庁額田支部、神社総代会額田支部新年祈願祭を執り行います。祈願祭終了後、社務所飛梅殿にて額田支部の新年交礼会が開催されます。