信仰と眺望の霊山 岩津天神

オンライン頒布・祈祷オンライン頒布・祈祷

最新情報

3月27日(土) ライブ中継テスト

3月27日(土) 5月5日開催予定の「岩津天神 泣き相撲」は、出場の赤ちゃんとご兄弟・ご両親以外参加できませんので、お祖父さま・お祖母さまにも取組の様子をご覧いただけるようライブ中継したいと考え、本日第1回目のテストを行いました。
今日のテストは成功しましたが、本番に臨んで不具合の出る事も予想されますので、今後数回テストを重ねて参ります。
ライブでご覧いただけるのは「岩津天神 泣き相撲」に参加のご家族に限定させて頂きます。ご家族には追って必要な情報をお知らせいたしますので、それまでお待ち下さい。

3月27日(土) 戌の日祈祷を行います

3月27日(土) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内、殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

「岩津天神 泣き相撲」開催日、5月5日(水)は終日参拝停止いたします

5月 5日(水)は、終日参拝停止といたします。

岩津天神 泣き相撲」開催に当たり、ウィルス感染防止を徹底するため、正面石段・裏参道終日閉鎖し、一般の参拝を停止いたします。

ご崇敬皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解ご協力下さいますようお願い申し上げます。

  ※詳しくは、岩津天満宮ホームページをご覧下さい。

  岩津天満宮HP:令和3年「岩津天神 泣き相撲」開催についてお知らせ

3月25日(木) 例祭・合格祈願特別祈祷

3月25日(木) 午前11時より岩津天満宮例祭を斎行いたします。
神社本庁より献幣使の参向を得て、例年は多くの来賓の参列の元、厳粛な祭典が執り行われます。

今年も残念ながら新型コロナウィルスの感染拡大を鑑み、神職と神社総代・天満宮青年会有志のみで、祭典を例年通り執り行います。

また終日合格祈願特別祈祷を執り行います。

ご祈祷を受けられます方は、マスク着用で社務所及び殿内へお入り下さい。

3月22日(月) 知立神社新旧宮司さま来山

3月22日(月) 愛知県知立市鎮座の知立神社(神社本庁・別表神社)宮司さまが、この度交代されることになり、元宮司さまと新しく就任なされた宮司さまが、就退任の御挨拶に来山なさいます。

「岩津天神 泣き相撲」開催日、5月5日(水)は終日参拝停止いたします

5月 5日(水)は、終日参拝停止といたします。

岩津天神 泣き相撲」開催に当たり、ウィルス感染防止を徹底するため、正面石段・裏参道終日閉鎖し、一般の参拝を停止いたします。

ご崇敬皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解ご協力下さいますようお願い申し上げます。

  ※詳しくは、岩津天満宮ホームページをご覧下さい。

  岩津天満宮HP:令和3年「岩津天神 泣き相撲」開催についてお知らせ

3月20日(土) 春季皇霊祭遙拝を執り行います

3月20日(金) 午前8時より春季皇霊祭遙拝を執り行います。
春分の日の今日、宮中三殿の内「皇霊殿」で行われる春季皇霊祭に併せ、皇居を遙拝いたします。

※皇霊殿・・・・歴代天皇・皇族の御霊をお祀りする宮中三殿の一つ

3月20日(土) 春分

3月20日(土) 今日は二十四節季の一つ「春分」です。啓蟄から数えて15日目頃で、清明までの期間を云います。

地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度。
春分とは、太陽がちょうど黄径0度(春分点)に到達した瞬間のこと。
太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
この日から夏至まで昼がだんだん長くなり、夜が短くなります。
ヨーロッパなどでは、春分をもって春の始まりとしています。

春分・秋分の3日前から7日間をそれぞれ春の彼岸、秋の彼岸とします。
春分・秋分は「彼岸の中日」と云い、彼岸は日本独自の行事です。

雷が稲光り雷声が轟き始める時季でもあります。
暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、寒さは和らぎ過ごしやすい季節になります。
桜の開花情報が聞かれるのもこの頃からです。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

「岩津天神 泣き相撲」開催日、5月5日(水)は終日参拝停止いたします

5月 5日(水)は、終日参拝停止といたします。

岩津天神 泣き相撲」開催に当たり、ウィルス感染防止を徹底するため、正面石段・裏参道終日閉鎖し、一般の参拝を停止いたします。

ご崇敬皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解ご協力下さいますようお願い申し上げます。

  ※詳しくは、岩津天満宮ホームページをご覧下さい。

  岩津天満宮HP:令和3年「岩津天神 泣き相撲」開催についてお知らせ

令和三年「岩津天神泣き相撲」はウィルス感染防止対策を徹底して開催

5月 5日(水) 令和3年の「岩津天神泣き相撲」は予定通り5月5日に開催いたします。なお、開催にあたりまして徹底したウィルス感染防止対策を行い、出場のご家族関係の皆さまに安心して頂けるよう、準備を進めております。
取り組む対策は、おおよそ以下の通りです。

◎開催当日は一般参拝を停止

開催当日(令和3年5月5日)は、感染防止徹底のため、恐縮ですが終日一般のご参拝を停止いたします。車で駐車場への進入も出来ません。
「泣き相撲」参加者のみ境内参入可。

◎参加者人数制限

参加の赤ちゃん保護者の方2名のみ境内・泣き相撲会場にお入り頂けます。 尚、感染防止徹底のため、その他付き添い家族は境内・会場へ入場できません。ご了承ください。
なお、取組の様子は中継若しくはアーカイブでご覧いただけるよう準備中です

◎境内・会場

受付から取り組み会場、お帰りまで境内一方通行といたします。 「泣き相撲」は社殿建物内を使わず、境内屋外で実施。トイレや授乳のみ屋内使用。救護室は社務所内に設けます。
境内ではスタッフの案内・誘導に従ってください。

◎取り組みの方法

密にならぬよう、例年より参加者数を絞りました。
対戦を行う場所(土俵)にはアクリル板を設置、行司はマスク・フェイスシールドを着用いたします。

◎基本的な感染防止対策について

  • 受付での検温、手指の消毒、マスクの着用にご協力ください。
  • 境内各所に消毒液を設置。
  • 長七庵にお茶・飲み物販売コーナーを設置いたします
  • 受付の検温で発熱のある方は、参加をご遠慮頂く場合があります。
  • 体調不良・発熱症状がある方は、必ず事前に神社までご連絡ください。
  • スタッフは事前の検温、手指消毒、マスクの着用を徹底いたします。
  • 待機場所や取組場所を随時除菌消毒いたします。

参加ご家族・スタッフの健康を守るため、思い出に残る「岩津天神 泣き相撲」とするため、ご理解ご協力をお願いいたします。新型コロナウイルスの感染状況による、予定の変更などある場合は、その都度お知らせして参ります。
不明な点などは、岩津天満宮社務所までお気軽にお問い合わせください。
Tel. 0564-45-2525

3月15日(月) 戌の日祈祷を執り行います

3月15日(月) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内、殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

3月15日(月) 悪疫退散祈願祭・病除健康厄難消除特別祈祷

3月15日(月) 午前8時より悪疫退散祈願祭を執り行います。
終日病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行い、ご崇敬皆さまの「病除け」「身体健全」「厄除開運」をご祈願いたします。

3月11日(木) 東日本大震災復興祈願祭

3月11日(木) 午前九時より「東日本大震災復興祈願祭」を執り行います。

平成23年3月11日午後発生した、未曾有の東日本大震災から10年経ちましたが、その影響は未だに深刻なものがあります。
この節目の機会に、亡くなられた方々の御霊の安からむことと、更なる復興の進展を祈ります。
氏子のない当社では、参列希望の崇敬者の方には、御自身で感染防止対策をなさった上でお越し頂ければ、ご参列頂けます。

ご一緒にお祈りを捧げましょう。

3月11日(木) 今年の梅は終わりました 東山梅苑を閉苑します

3月11日(木) 今年の全て終わりました

境内・社殿前の一部、遅咲きの花が残っていますが、他は全て終わりました。

多くの皆様に観梅いただき、梅の花も喜んでいると思います。

東山梅苑イノシシ対策のため、3月11日(木)午後4時をもちまして、閉苑いたします。

又来年の梅を楽しみにお待ち下さい。有り難うございました。

3月 9日(火) 境内東階段の手摺り工事を行います

3月 9日(火) 終日、境内東階段に手摺り取付け工事を行います。通行止めにはいたしませんが、どうぞ気を付けてお通り下さい。
手摺り取付け工事は、この日で終了します。御迷惑をかけますがよろしくお願いいたします。

3月 8日(月) 東山梅苑は雨が上がり足元の確認次第開苑します

3月 8日(月) 東山梅苑は午前中の足元が悪くなっています。雨が上がり、足元の確認でき次第開苑致します。

東山梅苑の梅は、遅咲き数株が散り始めで、間もなく終わりを迎えます。

多くの皆様に観梅頂き、有り難うございました。

3月 6日(土) 誕生講社大祭

3月 6日(土) 午前10時半より誕生講社大祭を執り行います。
誕生講社のお世話方や、講員の皆様の参列を得て、誕生日を祝福し、健康・幸福・学業上達を天神様にお祈り申し上げます。今年は講社のお世話方のみの参列を頂き神事を執り行います。
誕生講社入講については崇敬会・講社ページをご覧ください。

3月 5日(金) 啓蟄

3月 5日(金) 今日は二十四節季の一つ啓蟄(けいちつ)です。雨水から数えて15日目頃で春分までの期間を云います。

は「ひらく」、(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。
菰(こも)はずし を啓蟄の恒例行事にしているところが多いですね。

まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあります。

八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。旬の食材で春の訪れを味わいましょう。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

3月 4日(木) 神社庁額田支部神宮大麻頒布終了奉告祭

3月 4日(木) 午前10時より「神宮大麻・暦頒布終了奉告祭」を執り行います。
これは愛知県神社庁額田支部管内(153社)神社で昨年10月以降、伊勢の神宮大麻(神札)を氏子の皆さまにお頒かちして来ましたが、その活動の終了を奉告する神事です。コロナ禍の為、支部役員の参列のみで、支部長である服部宮司が斎主を勤め執り行います。

3月 3日(水) 戌の日祈祷を執り行います

3月 1日(水) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内、殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。
当日発熱症状体調不良の方は昇殿をご遠慮下さい。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。