奉祝 天皇陛下御即位三十年御代替

信仰と眺望の霊山 岩津天神

最新情報

11月22日(日) 小雪(しょうせつ)

11月22日(日) 二十四節季の一つ「小雪」です。例年11月23日頃。および大までの期間。
太陽黄径240度。立冬から数えて15日目頃。

北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたものだそうです。

陽射しが弱くなり紅葉が散り始めるころで、いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。
次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬の備えは整えておきましょう。お歳暮の準備をする目安にも。

※「こゆき」ではなく「しょうせつ」と読みます。お間違いなく。

気象の「小雪」

気象庁の予報用語における「小雪(こゆき)」は、数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。
※北日本や日本海側の地方で「小雪」の表現が適切でないときは「雪」の表現を用いるそうです。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より