オンライン 頒布 祈祷
お知らせ

お知らせ

7月 7日(火) 小暑

7月 7日(火) 二十四節季の一つ「小暑」です。七夕の7月7日頃。およびまでの期間を云います。夏至から数えて15日目頃。

暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
この日から暑中見舞いを出し始めます(正式には大暑から)。

梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
暑さを乗り切るために、しっかり食べて 体力をつけておきたいですね。

岩津天満宮の蓮の花が咲き始める頃でもあります。少し風流に蓮観賞に出掛けてみるのもいいですね。午後には花がしぼんでしまいますので、行かれる時は朝の早い時間に。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

7月 6日(月) 戌の日祈祷を執り行います

7月 6日(月) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内、殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

7月 1日(水) 悪疫退散祈願祭 病除健康・厄難消除特別祈祷

7月 1日(水) 午前8時より悪疫退散祈願祭を執り行います。終日病除健康・厄難消除特別祈祷を執り行い、ご崇敬皆さまの「病除け」「身体健全」「災除厄除」をご祈願いたします。

7月 1日(水) 半夏生(はんげしょう)

7月 1日(水) 日本の暦・雑節の一つ「半夏生(はんげしょう)」です。夏至から数えて11日目。

梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣がありました。
地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているようです。

半夏生までに田植えを済ませた農家では、この日の天候で稲作のできを占います。

半夏生は、この植物にちなんで名付けられたとされています。
※ 烏柄杓(カラスビシャク)は毒草ですが、生薬としても用いられています。

香川では田植えや麦刈りの労をねぎらい、うどんをふるまうならわしがあったそうです。
関西では、タコを食べる習慣があります。

この時季は、注意することがいっぱい

半夏生の頃には、天から毒気が降るとか、地面が陰毒を含んで毒草が生えるなどという言い伝えがあり、この時季に筍・わらびなどを食べることや種を撒くことを忌む風習があったそうです。井戸にも蓋をしたそうです。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

6月28日(日) 夏越の祓・輪くぐり神事

6月28日(日) 厳しい夏を健康で乗り切れますよう、夏越の祓い・輪くぐり神事を執り行います。「夏越の祓いする人は 千歳のいのち 延ぶといふなり」と歌を唱えながら茅の輪をくぐります。

今年は新型コロナウィルス感染防止のため、時間を決めての輪くぐり神事は行いません。ご参拝各位には、境内設置の茅の輪を各自でおくぐり下さい。

6月25日(木) 御誕辰祭・合格祈願特別祈祷

6月25日(木) 午前9時よりご祭神菅原道真公の誕生日を祝う御誕辰祭を執り行います。

水無月の25日はご祭神菅原道眞公のお誕生日で、承和12年6月25日(陰暦)にお生まれになりました。

当社岩津天満宮は病除健康(病気平癒)・厄難消除に利益ありと、江戸時代からご祈祷を盛んにし、尾張、三河、遠州を中心に崇敬を集めて参りました。
現在は合格祈願の祈祷が多く 毎月25日は「合格祈願特別祈祷」を終日奉修いたします。

6月24日(水) 戌の日祈祷を執り行います

6月24日(水) 今日は「戌の日」。戌の日に安産・子授け・縁結びのご祈祷「戌の日祈祷」を執り行います。

ご祈祷の折に、腹帯など常に身につけられるものをお持ち下さい。一緒にお祓いいたします。

戌の日祈祷の時刻は、午前9時より午後4時までです。

社務所祈祷受付にてお申し込み下さい。

社務所内殿内参入の折には、必ずマスクを着用し、入口で手指除菌をお願いいたします。

詳しくはお電話、メールでお問い合わせ下さい。

6月21日(日) 夏至

6月21日(日) 二十四節季の一つ「夏至」です。春分から数えて15日目頃で、小暑までの期間を云います。

一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日。冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃。暑さのピークは1カ月ほど先になります。

冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至は地方によって様々で、関西ではこの日にタコを食べる習慣があり、関東地方では焼き餅をお供えたりします。

沖縄では、この頃に吹く季節風を「夏至南風」といいます。この風が吹くと、梅雨が明けて本格的な夏の訪れるそうです。

※日本の行事・暦 koyomigyouji.com より

6月17日(水) 神社庁額田支部三役会

6月17日(水) 午後3時半より、愛知県神社庁額田支部の三役会を岩津天満宮社務所にて開催いたします。コロナウィルスの感染拡大の影響で、様々な支部行事が中止や延期を余儀なくされており、今後の予定などを打ち合わせいたします。

コロナウィルス感染防止について

コロナウィルス感染防止の対策をしつつ
徐々に通常の態勢に戻して参りますので
ご参拝皆さまの御協力を宜しくお願いいたします

境内ではマスク着用の上ご参拝下さい

ご祈祷は通常通り殿内にて執り行います
  殿内へは必ずマスク着用・手指の除菌を済ませお入り下さい

授与所も通常通り対応いたします
  防護フィルム越しにマスク着用で職員が対応いたします
  朱印帳は通常対応しますが職員が手袋で受け渡しする場合があります

手水舎の柄杓は撤去しました

外出自粛でお参りに来られない皆様に
 ご祈祷お守・お札メールファックスでも受付しますのでご利用下さい
 ホームページ内のご祈願とお守の送付についてをご覧下さい

 尚、状況に応じ授与所の対応時間を短縮致します
 御迷惑をお掛けしますが、ご理解下さいますようお願い申し上げます
 不明の点は岩津天満宮までお問い合わせ(午前9時〜午後5時まで)下さい

  ※毎朝の日供祭・朝拝に合わせ、悪疫退散祈願を続けております
                          令和2年6月14日

年別アーカイブ